ついに…ついにキター!!!!!


前日の試合では、焼き鳥が勝利してしまったものの、徐々に追い上げられるという兆候はあった。そして今日の大爆発!!!


そして厄介な西浦の沈黙!


やはりある程度村上宗隆は仕方ない。
それ以外に仕事をさせないという気持ちの方が、今年の焼き鳥にはいいのかもしれない。


認めたくはないが、焼き鳥の流れを握っているのは西浦八割だ。

彼を乗せてしまうと瞬く間に打線に火がつく。これが最近の傾向として見て取れる。


そしてボロボロと失点するリリーフ陣も美しい。まさに焼き鳥!これぞ焼き鳥の望ましい姿である!

これで横浜のカードは負け越し!
ぐんぐん最下位にこのまま転落することを望んでやまない。



しかし、寺島、長谷川といったあたりは依然として好投を続けている。
勝利の方程式が出来上がってしまうようなことがあれば、焼き鳥といえども上位進出は十二分に起こり得るため、(とりわけ今のセ・リーグでは)まったく油断はできないが。