この男はけた違いすぎる。


はっきり言って昨年から別格。
昨年は三振するが、ホームランを打ちまくるという、いわば「キャラの立っている」選手として警戒しつつも注目をしていたバッターであった。



しかし彼が活躍すればするほど、周囲から囁かれる彼に対しての言葉は厳しいもので、「あの打率ではヤクルト以外では使ってもらえていない」など、正直結果がすべてであるはずのプロ野球界において、陰湿な意見を言うものだと素直に思ったものだ。



仮にそうだとして、打率が低いだけでホームラン率の高い選手を4番には置かずとも、たった一人で得点できる選手がいるというのに使わないという采配はどうなのか?


そういう采配をする=使わないチームはそういう采配をすることで、多くの若い芽を摘んできたのではないか?


否定論者が口を開けば開くほど相手に恥をかかせる男、それがこの村上宗隆という男だった。



しかし今年は打率はいいが、ホームランは2本。



確かに十分ではあるし、始まったばかりとも言えるがが、昨年のあの批判が単打、フォアボールに甘んじつつある姿勢を生んでいるのではないか?


そう懐疑的に思った矢先のこと



サヨナラグランドスラム



私は思い返す。昨年を。


ナゴヤドームで行われた中日vs焼き鳥の逆頂上対決。彼は同じ場面で良い当たりを放つも凡退した。しかし昨夜、彼は当時との違いを見せつける結果を出した。



この結果は実に恐ろしい。

なぜならば、彼は「追い込まれていたので前に飛ばす意識で打った」と発言した。
つまり逆を言えば、前に飛ばす意識でスイングするだけで十二分に逆方向でも柵越えできるということだ。


外国人投手の力ある球を軽々とスタンドイン。それもプレッシャーのかかるあの場面で…だ。


エースと4番がいるチームは強い。間違いなく焼き鳥は相手をも焼き尽くすための凶悪兵器を手にしたと言えるだろう。



そして何より


この私によくも恥をかかせてくれたというものだ。実に恨めしい。