少し様子がおかしい


開幕戦こそ焼き鳥っぷりを見せた焼き鳥投手陣だが、それ以外の試合では至って真っ当。とりわけリリーフ陣は盤石といっていいほど点を奪われない…



今日の試合もスアレスが十分に試合を作り、リリーフが7回以降もしっかりと繋いでいく、焼き鳥とはおよそ思えない理想的な展開。



焼き鳥に対して私は一つ大きな不安要素を抱えている。それは奴らの試合を見ていると、確実に若い力が成績を出しているのだ。
これがうまく回り始めると厄介極まりない。


というのも、かつてのダイエーホークスも若い力が台頭し始めてから常勝軍団に成り上がるまでのストリートを歩み始めたからだ。


今の焼き鳥は村上を中心に新たな若い力が出てきている。廣岡アンビシャスもなんやかんや成長しているし、山崎もちょうど油がのる年齢であると考えると今の活躍はちょっと侮れない。

そしてしっかりとベテラン坂口が良いお手本となっている。ここが大きい。良い流れはこの老獪なトップバッターが作っているといっても過言ではないだろう。


FAが囁かれる山田哲人を除いてもこれだけの躍動を見せられると、私の心も平静ではなくなってしまう。


今後も図に乗らせないために、明日はメッタメタに地獄の業火で焼き尽くす必要があるだろう。