よっわwwwwwwwwwwwwwww


弱い!!!弱すぎる!!!!



はっきり言わせてもらおう!



Screenshot_20200222-190146_1


相変わらず!!!相も変わらず飽きもせず!!!よくもまあ安定して2019と変わらぬ元気な姿をファンたちに見せられたものだとね!!!きっとみんな安心してますね!!!

ファン「いつも変わらないねえ(皮肉たっぷり」


いやはや素晴らしい素晴らしい。


ヤクルトスワローズの原点ともいえる

give-and-take

よくできていますよ!!!やっぱりGiveの方がやや多めなところも好感が持てますね!!!さすが東京オリンピックの「おもてなし」ですね。スコアに表すなんて本当におしゃれです。


いやー、弱い。弱すぎる。


ん?たかがオープン戦?まだ一試合目????


っっっっっハアーーーー!


こんなことを言う人間は何も分かっていないと言えるだろう。


私とてそのようなことは重々承知。オープン戦の結果など公式戦の成績等と何ら関係もないしあくまで参考程度である。

そのようなことは仮にプロ野球中継を見たことがなくとも、成績を一覧すれば猿でも分かることだ。


しかしながらこの試合、焼き鳥スワローズは見事に形を残したといえる。
  • 6点とっても負けてしまったこと
  • 見事に後半が燃えていること。
この二点である。


焼き鳥はこの1試合でチームの肝は何も変わらないことを示してしまった。

今後もこのような試合が断続的に発生するようであれば、2020年のオリンピックイヤーも中日ドラゴンズと仲良く沈むことは避けられないだろう。


余談だが、今日は奥川のニュースが流れた。
期待の奥川が沈んでしまったことは残念だが、私は過度な心配をすることはなかった。(そのためこの時点でのブログの更新はしなかった。)


炎症があるとは言え、本人が投げたがる程度には軽いのだろう。開幕には間に合わないかもしれないが、今年中に一軍に上がることはまず間違いないだろう。



焼き鳥に入団したことだけが唯一応援できない部分ではあるが、あれほどの逸材がプロのマウンドでどう躍動するのかという点に限れば一野球ファンとしては楽しみこの上ない。


今日はついに20球程度投げたらしいが、今後も調整は余念なく行っていってほしいものだ。


最後に、


コンビニスイーツのおまえ等、お待たせしました。今年はよろしく。