https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00010038-chuspo-base

ルーキーにして最多勝。ヤクルトのエースとして大車輪の活躍をしたのも今は昔。今となっては立派に焼き鳥の「おすすめメニュー」に名を連ねているといっても過言ではないライアン小川。


今年に至っては散々な成績。5勝12敗防御率4.57と、むしろなぜ投げさせてもらえると疑問を呈さざるを得ない投手に成り下がってしまっている。



焼き鳥。打ち上げ花火。この二つを誰よりも象徴しているのがこの男、ライアン小川。


にも関わらず、複数年契約を掲示されて(それ自体がおかしなことであるが)あえての単年契約という変化にきた。



こやつ、黒田博樹か???



もしくは単年にすることで焼き鳥以外の球団、すなわち出身地たる中日ドラゴンズに渡ろうというのか?



いずれにせよ、普通とは思えない選択。実に生意気だといえる。


これは許されない蛮行の一つとして私の胸に刻まれた