焼き鳥の動向を見ていると、焼き鳥自体が負けるのは実に喜ばしいことであるというのは大前提として、山田哲人が中軸として安定した活躍をしてくると、村上くんが新たに現れたりと、定期的にいい選手が出てくる流れになってきた。




焼き鳥自体は勝てずとも、こういった若い力が台頭してくるというのは見ている者に対してワクワク感を与えるというものだ。



これにさらには奥川ときたものだ。



当然負けてくれるのが私には喜ばしいが、一番は彼のピッチングをプロの舞台で見られるということ。これに尽きる。



そして彼が投げたときの焼き鳥はどうなるのか。これもまた気になるポイントだ。




いいピッチャーはリズムがいいから打線も援護しやすいからといえばそうでもない。
例えば田中将大は鬼のように勝っていく選手であったが、近い実力を持つ菅野智之は

「負け運って何!?」

というパワプロのバッドステータスに突っ込んだことをネタにされてしまうほど負けが込んだ年があった。防御率1点台にも関わらずだ。


奥川は果たしてどちらのタイプになるのか。

もっとも、防御率1点台を残せるようなピッチャーにまずはなることが重要ではあるが。



いい選手が育ち、いい若手を獲得する。


とてもじゃないが最下位球団とは思えないワクワク感である。



これを豚に真珠というのだろう。