改めて焼き鳥の立地について思うのは、とんでもなく都会のチームだなという一点に尽きる。


日本の首都であり、さらに明治神宮球場は私の感覚からすれば都心中の都心。凄まじい都会だ。



では、一軍だけそうなのか?
実は二軍の戸田軍などと呼ばれているところはどんな田舎かと思い、以前調べてみたところまったく田舎ではない、なんなら我が故郷福岡市よりも物価が高いのでは?と思わされるような都心付近のベッドタウン。



はっきり言おう。


ファンがコンビニスイーツの上に立地までこんなに甘ったれではもはやモンブランオンザタルトだ。


さらにドリンクはタピオカミルクティでも召し上がれ。

そう言わんばかりの甘っあまの環境では、選手どころか人間として根っこから腐り果てるというものだ。


現代っ子は誘惑に弱い。


物欲がなくなったのが現代っ子の特徴と言われてはいるが、それは守りに入っているだけで金を持てばブーストする。

それが頭を鍛えていない(進学校出身などという意味ではない)人間であれば、なおさらだ。


焼き鳥は給料は低い方かもしれないが、一般水準から見ると、底辺がエリートサラリーマンクラスだ。



この立地を考えると、奥川のような純朴な少年が飲み込まれてしまうのも秒読みと言えるだろう。