https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000042-tospoweb-base

つくづく物事の本質を分かっている男だ奥川。


彼は目標とする投手に田中将大の名を挙げたという。至極真っ当であり、理由もまた素晴らしい。私は彼に対して賛辞を惜しまない。



憧れや目標などというと、だいたいダルビッシュや大谷などの派手な投手の名ばかり挙げられる傾向にこれまではあった。


だが、奥川はおそらく自分の課題である「総合力」を考慮に入れた結果、目標は田中将大だという結論に至ったのだろうと推測する。


これに関しては実に素晴らしい着眼点。
それにコメントもいい。運があっても手からこぼれおちることもある。掴み取るのは実力があるからこそなのだ。


それに2013年日本シリーズ最終戦のマウンドに立ったことを「かっこいい」と評価している。


これこそプロ意識だ奥川よ。


なぜあの年の日本シリーズが全国に感動を与え、伝説のシリーズとしたか。それは田中が最後のマウンドに立ち、ファンが「あとひとつ」を大合唱で送り出したからだ。


最近は酷使だ将来だと、球数球数とうるさい世の中になった。

大事に大事に先を考えてなどという意見もある。


ハッキリ言おう。これでは「お母さん」だ。


別に全国の母を敵に回すつもりもない。ただの脳筋チームに成り下がらないよう、そういう存在はもちろん必要なのは言うまでもない。


だが、そういうものを強調しすぎ、今この瞬間に賭ける姿をますますプロから除いていくのであれば、それはますますNPBをぬるま湯体質にし、メジャーリーグ養成機関に成り下がるのを助長するだけだ。


別に奥川に先発して160球投げた翌日に

「ウラ、今日の9回も行けやコラ。それがエースやろが。」

などと言う必要はどこにもないが、優勝がかかる場面、CS突破がかかる場面、日本一がかかる場面。どこでもいつでも投げた翌日でも投げてやる。

そういった気持ちを持ち続け、監督に「世間から叩かれても出す」と決断させるような実力をつけることは非常に重要だ。


そしてそういった「現実のものとは思えない」期待をファンに抱かせる姿は最大のファンサービスだ。


焼き鳥の優勝する姿は死んでも見たくない。
だが、奥川のそういった可能性にはワクワクさせられるというものだ。