バレンティンが退団したようだ



しかしながらこればかりは仕方がない。
彼は金銭的な条件のみならず「優勝」という金では買えないものを求め、球団を去ることになったのだから



まして焼き鳥では優勝など夢のまた夢wwwwwww
もういつ引退してもおかしくない年齢の石川がいまだにエースになっているところが焼き鳥の投手力の脆弱さを表している。



エスコバーをとろうが、奥川をとろうが、これでは勝負の世界は何が起きるか分からぬとはいえ、優勝を目指すバレンティンが去っていくことはなんら理にかなわないとは言えない。実に合理的な話である。



しかし私は思う。


力こそパワーの中核であるバレンティンがいなくなるというのはチームとして大きいことは言うまでもない。


しかしこの放出は若手にとってまたとないアピールチャンスなのだ。

バレンティンがいることは若手やこれまでくすぶっていた中堅どころにとっては目の上のたんこぶでしかなかった。
なんせいれば出さざるを得ない打力だからだ。しかしそれもなくなった。


それに誰が穴を埋めるかにより、焼き鳥はチームの舵取りが大きく変わるだろう。
力こそパワーを継ぐものが現れるか。それともスモールベースボールで今年はだましだまし戦うのか。
非常に見所のある一年といえる。



しかし何度も言うが、これは手痛い流出だ。

若手がうまく覚醒したとしても、よほどのことがなくては3割30本近くを打てるバッターの穴を埋めることはかなわないだろう。


すなわち


来季もまた焼き鳥が炎上して静かに敗退するのを見守るのみだ