いきなりだが、焼き鳥が上位進出したら私は大いに悔しがるだろう



というのも、超高校級ピッチャーの奥川を獲得したところで、焼き鳥には後ろがいないという純然たる事実になんの変化もないからだ



思うに、現代野球の外国人選手の大きなメリットはホームランが打てることももちろんそうだが、それよりもリリーフピッチャーを揃えやすいことの方が大きいように思われる。


私は特に球速信者というわけではないが、やはり球の速い投手が緩急を覚えたら手がつけられないというのはサファテを見れば明らかだからだ。
その球速ある選手を鍛えることなく獲得できるのはアメリカ大陸の選手の大きなメリットといえるだろう。



ソフトバンクは日本人の優秀なリリーフをバンバン出してくるが、あの球団は頭が投手として有能すぎる。



彼は選手としてもトップクラスだった上に息も長かった。さらに指導力まであるとはもはやチートである。
そのあらゆるポジションで有能である有様は野球界の豊臣秀吉ともいえる凄まじさだ。



あの戦力があればなどというむきもあるが、その戦力の要である投手をあれだけ量産しているのは工藤公康監督の圧倒的な指導力と思わざるを得ない。



これには高津監督がいかに優秀な投手だったとはいえ、工藤監督の指導力とソフトバンクの施設のコンボを丸々コピーするのは不可能。


そうなると外国人のリリーフをいかに探し当てるかというのは非常に重要だと思われる。



しかし焼き鳥にくるピッチャーはバーネットを最後にろくなのがこないですな



私が何を言いたいかというと、焼き鳥は所詮焼き鳥。

山田がいて、村上がいて、ベテラン青木が支えているところに奥川がもし松坂級の活躍をして優勝できないようなら、貴様ら焼き鳥はどれだけ足を引っ張っているのだという話だ


最下位だよ。チミたちは。



焼き鳥弱すぎる!!!