やや皮肉りたくなるような現状である。


リンクは以前私が呟いた内容だ


FAで目玉となっている福田と美馬。


焼き鳥が狙っているとあってこちらもマークさせてもらったが、なんとまあバカバカしい金額を掲示するものだ。



一旦話はそれるが、私は巨人が嫌いであった。
今となっては過去形だ。というのも、今は嫌う価値すらない存在だからだ。



そんな巨人が嫌いだった理由は別に犯罪とか反社とかは関係ない。
ただ金に物を言わせて選手を強奪するという、今となってはどこぞが行っていることを節操なく行っていたからだ。
そしてそんな球団にヘーコラ行く選手に「ああ、コイツも結局金か」とげんなりしつつ、それを打ち負かすひいきを見るのが好きだった。



昔話はさておき、それはただの価値観の話だ。
単に私が「人の欲望がむき出しになる」という部分に嫌悪感を覚えてしまう性なのもあるかもしれない。



だから今の焼き鳥にはガッカリだ。元から期待などしていないが。

福田、美馬が良い選手であることを理解した上で言う。この二人に億を複数年も投じる価値はない。


勝つために必要なピースを金銭を投じて獲得することは言うまでもなく大切なことである。

だがそれはせいぜい「お小遣いの範囲内」の話。この焼き鳥の行為はもはや「投資」ではない。ただの無駄金だ。


こういう100円のものを500円で買うような行為はかつての読売が行っていた行為で、余るほどあるから確実に釣るために大盤振る舞いしたのだ。
そして金に目がくらんだ選手がそれにホイホイと群がっていた。


しかし現代はそういう行為にファンもなんとも思っていないどころか、「勝ちたいならもっと金を出せ」という風潮があることは非常に残念だ。


それどころか「ヤクルトは親会社が稼いでいるんだから球団にもっと回せ」などとほざいている焼き鳥ファンすらいた。



貴様等のようなたるんだ最下位に金を回すくらいならいっそ球団を畳んでもらった方がマシくらいにヤクルトおばちゃんたちは思うだろうよ。


焼き鳥の選手よりもヤクルトファンにこれを一読しろと言ってやりたい。



ヤクルトファンは何か勘違いをしている。

勝てるから、客を呼べる球界を代表する選手だからその分の金をくれと言えるのであって、最下位な上にケガばかりしてお部屋でお寝んねしているような奴なんかに給料を払うくらいなら本社の400万くらいでせっせと働く幹部候補の若手社員に投じた方がよほど会社のためだ。



才能ある?希少価値ある存在だから?プロ野球選手は金をもらっていい?

貴様らのような一軍に通しで出られん選手なんか量産品の品質不具合品だ。
ヤクルトの生産ラインならばとっくの昔にロットアウトされて廃棄になっているだろうよ。

正直二軍で油を売っているやつなんか全員300万でも高すぎるくらいだ。その辺の高校生連れて来て鍛えた方がまだましだ。



金金と選手からファンからやかましい世の中である現代は「全国巨人ファン化計画」と、私はどうしても揶揄せざるを得ない。


「選手の評価は金だ。高い方に行くのが当然。」


などとファンまでも堂々と言ってしまう現状は非常に嘆かわしい。


それどころか

「金がいい方に行くのは当たり前なんだから金も払わないくせに残れという方が頭おかしい」

などというコメントも目立つのがなおさら嘆かわしい。自分の価値観がお金第一主義なのは分かるが、なぜこうも攻撃的なのか…


私は和田一浩という髪の毛のない男のFAを知っているからその「当たり前」は当たり前でないと思っている。



それにそんなに金払いのいい球団が見たいなら巨人、ソフトバンク、おまけでオリックスでも応援していればいいのだ。
こんなに金金言っているファンどもを見ると、全員かつての巨人ファンと変わらない。



別にFAで金を求めて出て行ってくれていいと思う。
なんか勘違いした選手がいつまでも居座るよりも新しい選手がまたそのポジションを競争するのもおもしろいし、ドラフトや外国人の補強も楽しみになる。



若者は金がないなどと世の中言われるけど、本当に貧しいのは心なのだなと今の日本を象徴するかのようなプロ野球市場である。



金があっても手には入らない物が夢だと思っていたけど、金=夢だと思ってる人も多いのだなと最近知った。