最近はなんでもかんでもデータデータとなってきている。



もちろんその傾向が強くなるにはいい加減ではない確固たるものがあるからこそではあるのだが



それでもルーキーを採るというのは難しいことなのだろう。



焼き鳥のドラフトの失敗は、ソフトバンクの甲斐野、中日藤嶋のような投手を全く取れないことである。



とにかく焼き鳥の投手ドラフトというのは酷い。MAX150キロとうたわれていれば誰でも獲得するかのような節操のない指名。



先発先発言われるが、焼き鳥が優勝したときと陥落したときの唯一の変化点はリリーフが信じられないレベルで脆弱になったことだ。



逆に先発は多少弱かったとしても早めの継投を仕掛けたり、どのみち代打でスッコんだりするからセ・リーグではなんとか言い訳できるし、腐ってもプロ野球選手なので、万にひとつ、オリンピック周期くらいで完投することもある。


しかしリリーフはそんな皆が作った試合の中に飛び込んで抑えねばならないというプレッシャーがかかる。ピンチのマウンドも少なくないだろう。



つまり何が言いたいかというと、


「気持ちの強い投手を迷わず取れ」


ということだ。



この気持ちの強いとは大きな舞台でも変わらず実力を出し切れる選手のことを言う。



甲斐野はシーズン序盤からあれだけ素晴らしい投手だったのに、全国回って見ているはずのスカウトがなんで見つけられなかった?ととても素朴な疑問を抱いたものだ。



まあ甲斐野に関しては焼き鳥が仮にとれたとてリリーフをやったかどうかは分からないから(先発させて今みたいな活躍はできてないかもしれないし)さておき、中日藤嶋に関しては今後のドラフトにおいて大きな指標になったと思っている。



彼は打撃力が凄まじく、プロ入り直前は野手で入った方がいいなどと言われていた選手だ。


しかし持ち前の気持ちの強さ(1年生時の映像は阪神ドラ1の西に負けず劣らずのうるささである)が全面に出ており、今では中日に欠かせないリリーフピッチャー(ときに先発もこなしていたようだが)に成長した。



戦いの世界である以上、プロは気持ちの強さは非常に大切である。



ああいう未完成の選手でも、気持ちの強そうな選手がいたら今後焼き鳥は迷わず指名すべきだ。それも上位で。



、そういう獲得ができたら今頃焼き鳥じゃなかったか


失敬失敬


奥川が入ったことでいくらかマシになるだろうが、焼け石に水であるだろう。

というか、

奥川7回1失点(4-1)
焼きトリリーフ1号~3号1/3回5失点(4-6)

とか平気でやるもんな貴様らレベルになると


いやー、けた違いですわ。

火ヤク庫(自陣爆破)


奥川あんまりいじめると2年目でポスティングされるぞ


なんてなったら実におもしろい