https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191102-00590491-shincho-base

なにやら奥川と佐々木が可哀想などというバカげた意見が出ている。


今回はまず奥川といこう。


佐々木?ロッテだから(笑)叩けないから(笑)

後回しで


さて、この記事にも書いてあるが、ヤクルトはドラ1を育成できたためしがないから行ったらかわいそうな理由らしい


まあこれに関してはドラフト直後多く見かけた意見だ



はぁー、、、(爆裂ため息


これは皆勘違いしている



そもそも、ドラフト1位のピッチャーで皆の言う「活躍した」選手とはどれだけいるのだろうか。



せいぜい皆が知ってるのなんか松坂、ダルビッシュ、田中将大、藤浪チンタロー、オオタニさん

こんなもんだろう?


まあ個人的に思いつくのはオリックスの山岡泰輔くんくらい。


いずれも共通しているのは「最初からすごかった選手」である



いや、ダルビッシュはしょぼかった????



それはコンビニスイーツで血管がつまった意見だと言わざるをえない。
実に根本を忘れ去っている。


1年目が一軍のマウンドに立てること、勝ち星を少ないながら取れていること自体がすごいことなのだ。


何年やっても一軍に上がれず無名のまま球界を去る者も多いのだ。

そんな中の彼の活躍は、松坂や田中には及ばないものの、今後を期待させるには十分だったと言える。



さらに言えばダルビッシュ有に関しては「自身が心を入れ替え、勉強するようになった」旨を語っている。


すなわち、


「結局自分の意識の問題」


なのである。


それに育成した履歴の理論で言えば田中将大はどうなる。


彼は育成どころか今あるチームの人間たちすらろくすっぽ成長できてないような、焼き鳥どころではない若鶏の半身10人前のような軟弱なチームに指名されただろう


そのような中、野球に対するひたむきな強い気持ちを持ち続け、1年目からチームを引っ張ってきて地道に圧倒的な実力をつけてきた。


見習うべきはここであろう。なぜ今までのレベルの低いドラフト1位の失敗例にばかり目を向け、世代最強右腕の道を初めから暗いものとしようとするのか



典型的な過保護。コンビニスイーツ。安納芋のブリュレだ。



奥川のピッチングは既に田中将大の完成型に極めて近い位置にいると私は考えている。


コーナーに決まるスライダーとストレートに着目してほしい。並のドラフト1位と言われる投手であればここに決まるまで何球もボールになるが、奥川の場合はここに何球もストライクを叩き込んでいることが分かると思う。

田中将大の2011~のピッチングでもここからストライクを取っていくという組み立てが多かったはずだ。


ストライクゾーンも変わるプロでこれをシーズン通してできるかは分からないが、春の甲子園、夏の地区予選、甲子園、カナダとの国際戦すべてにおいて見られる安定感だったので、期待値はかなり高いと思われる。


マイナス面としては、あまり言われていないが、奥川には肩の故障歴があるらしい。

私はこれをマイナスとばかりには考えていない。なぜならば肩の故障を乗り越えた上であの圧倒的なピッチング、地区予選に至っては、疲労のたまった前述2大会よりも、より質のいい球を放っていたからだ。


つまり彼のケガは大事に至ったわけではなく、「ケガから学ぶ」という経験を得ていることになる。


これが今後故障しない保証にはならないが、ひとつナレッジとして彼の財産とはなったはずだ。



長くなったが、私は圧倒的な実力を持つ奥川に対して「どこの球団に入ったからダメ」というのは実にバカげた意見だと繰り返し述べたいところだ。


逆に問うが、最強投手の二巨頭といえるダルビッシュ有と大谷翔平を育てたはずの日本ハムはなぜソフトバンクに勝てない?それどころかAクラスにすらなれない?


その理論でいくなら日本ハムが球界の盟主となり、圧倒的とは言わないまでも他球団ならエースのピッチャーを量産していて然るべきだろう。それがなぜあんなに脆弱なのか?

結局はダルビッシュ有や大谷翔平という圧倒的なポテンシャルを秘めた選手を「たまたま」獲得できたこと、「日ハムならポスティングをすぐしてくれる」というメジャーブランドを利用したイメージ戦略が功を奏しているだけだろう。


楽天はどうだ?田中将大のあとに出てきたか?いないだろう。


え?則本????

彼は最初からすごかったではないか。
現に田中将大よりも彼なくして日本一は有り得なかったという大車輪の活躍だ。
まったく楽天の育成とは言えないだろう。



もはやあらゆる観点から球団だなんだ言ってるバカはタピオカミルクティーでも飲んで街を歩いてろという話だ。




私は彼に対して期待するのはあくまで自身も大エースであり、チームを牽引する責任感を持った「田中将大の再来」になれるかどうかであり、また、彼を超えていけるかどうかである。(活躍次第ではWBCも皆の楽しみになるだろう)



まあ、ダメになったとて私は誰であろうと焼き鳥である以上叩けばいいだけなのだがな