奥川を通例ルーキーは二軍であるところを一軍キャンプスタートさせようともくろむ高津焼き鳥店



至って真っ当な判断。
むしろ二軍に置いておく理由などどこにも見当たらない。
ルーキーという杓子定規をもって慣例に従うなど馬か鹿でもやらないような実に愚かしい行為だ。



これについては

Screenshot_20191022-082712_1

しっかりケガのリスクを別個に考えている論理的な頭脳を持つコメント主も存在する中、


やれやれ…出ましたよ…

Screenshot_20191022-082621_1

彼は一体何を見てきたんだ……



変化球がどこまで通用するか?ストレートがどこまで?そんなのは投げるまでは確かに分からん。

私の目が「ふしあな」である可能性だって十二分にある。


長くなりそうだったので詳細は別記事に譲るが、はっきり言って前田のレベルではない。


ミットに突き刺さるようなストレート。
アウトコースギリギリいっぱいを精密機械のごとくコントロールするスライダー。
さらに140キロ台で落とすスプリット。
決して身体にはよくないが、160球投げても威力の高い150キロを叩き込むスタミナ。
タイブレークというプレッシャーのかかる状況下で落ち着いて三振を奪いまくる強心臓。


いったいこれ以上何を二軍で養うというのだ?あっても守備力くらいであろう。(前にあまりにも飛ばなすぎて奥川のフィールディングは私の中では未知数)


そういう行為をなんというか教えてやろう。「塩漬け」と言うんだこの塩辛野郎


さらにはこんな意見も


Screenshot_20191022-082650_1

便利砂糖菓子…!!


今度は典型的な甘ったるい意見。


焦らないでほしい。だから2軍。
典型的な箱入り娘。


過剰摂取は医者から健康指導の対象となるヤクルトを絶え間なく血肉に変えて私はこの人生を送ってきました

そう自己紹介してるような典型的な乳酸菌脳


まず最初に


村上は野手だ


なぜ村上くんがすごいのかというと高卒野手はよくて打率1割~2割のホームラン1本。そもそもバットに当たらないのが普通だ。

その点投手は松坂→マー君→藤浪といったように、ある程度のサイクルで高卒新人10勝投手が現れる。


役割も多く、楽天松井、中日藤嶋のようにリリーフで頭角を現す選手もいる。


極端な例外は大谷翔平くらいだろう。


投手は比較的若くても通用する場面が多いのだ。


だからそもそも野手である村上くんを持ち出すこと自体「見当違い」であると言わざるを得ない。


ただ、今いる選手を鍛えねばならないという意見は至極真っ当。

だがおそらく奥川は現時点でコメントに挙げられたどの選手をも圧倒的に上回っている。少なくとも球の質は。



基礎?投球術であればそんなもの出来上がっていることは上でも述べた内容を鑑みれば明らかであり、別記事でもローテーション自体を守ることの勉強については述べた。

奥川クンの働き方改革


すなわち、彼が一年目で行うことは「一軍で」一年間ローテーションを守り、規定を投げ抜く。これが課題と言っていいだろう。

彼のモチベーションのためにも…だ